良く眠れる方法

良く眠れる方法について

 

人にとって睡眠は本当に大切です。私は睡眠不足が続くと体調不良になったり、集中力が持続しなくなったりとデメリットばかり生じてしまいます。

 

それが原因でストレスも溜まってしまいます。そのため、しっかりと睡眠をとることが大切だと実感しました。

 

今回は私が実践している良く眠れる方法について紹介します。

 

まずは、就寝3時間前までに食事を済ませることです。お腹がすっきりとした状態で眠ると、質の良い睡眠が出来るだけでなく、胃にも負担がかかりません。

 

次に、枕に自分の好きなアロマオイルを数滴垂らします。アロマオイルにはたくさんの種類があるので、自分の好きな匂いを見つけることが出来るでしょう。
そして、就寝前はパソコンや携帯電話などを触らないということです。脳が興奮状態になってしまい睡眠を妨げてしまうからです。寝る前はリラックスして寝ることが大切です。

 

最後に、ホットミルクを飲みます。ホットミルクは、身体を温める効果だけでなく、心を落ち着かせてくれる効果があります。私は、眠れない日にはホットミルクを飲んで、一息つくと良く眠れるのです。

 

この方法を試してみると、とてもよく眠ることができます。良く眠れた翌日は、ストレスがなく、体調も良いです。そして、とても集中力が高まります。

 

睡眠は健康にも日常生活をより良くするためにも大切なものです。私はこれからも今回紹介した良く眠れる方法を試して、ストレスのない生活をしていきたいです。

 

睡眠薬と不眠サプリの違いとは?
睡眠薬と不眠サプリは、どちらも眠れないときに眠りにつかせることは同じでも、その内容やメリット・デメリットは大きく違います。睡眠薬は脳神経の中枢に働きかけて、強制的眠りに誘います。いわゆる「薬」です。 それに対して不眠 サプリは、ハーブ他セロトニンなど睡眠を誘う自然の成分から作られている健康食品で副作用がありません。

体を温めるだけで良く眠れる方法

 

理由は分からないけどよく寝付きが悪い時があります。それで色々な良く眠れる方法を試してみて、一番効果が出たものが半身浴です。

 

ぬるめの湯に長い時間浸かっていると体が温まり、ポカポカした幸せな気分が続きます。

 

特に女性は手足が冷えて寝つきが悪いといった声を聞きます。そのような人にもぬるま湯にゆっくり浸かると冷え性を解消できると思います。

 

あと、フットバスも全身を温める効果があるのでお勧めです。さらに効果的なのがぬるま湯に浸かっている時やフットバスを使っている時に好きな香のアロマを選ぶと心も癒されてリラックスできます。

 

精神的にリラックスしている良く眠れる方法が何よりも効果があると思うので、布団に入ったら考え事をしない、また、パソコンやスマホを使わないように気をつけています。

 

パソコンやスマホを寝る前に使うと寝つきが悪くなると言われていますし、テレビもよくないので、本を少しだけ読むようにしています。

 

それから、寝る前に食べないように気をつけています。寝る前に食べると脳が目覚めてしまい、余計にイライラしてしまいます。なので、どうしても空腹が気になったら寝る3時間前にホットミルクやココアを飲むようにして空腹をしのいでいます。

 

以前、寝つきが悪い時が続いたので睡眠サプリメントを飲んでいたこともあります。

 

ただ、少し生活習慣を変えるだけで徐々に改善されていきますし、規則正しい生活を送っているのが一番、効果的だと最近思うようになりました。

 

参考:良く眠れる方法【セロトニンを増やす】

良く眠れる方法をみつけて良質な睡眠をとる

 

私は、寝つきが悪く眠りが浅いので夜中に何度も目が覚めてしまいます。

 

そのため、熟睡ができずに朝起きても疲れが残っていたり寝足りない感じがします。

 

目覚ましのアラームが鳴る前に起きてしまうことも多く、睡眠不足気味になってしまいます。夜はベッドに入ってから眠りにつくまでに2時間くらいかかってしまいます。

 

寝なければならないというプレッシャーから焦りが生じてしまい、さらに目が覚めてしまうということもあります。

 

疲れていてもなかなか眠れないので体が休まらずに翌日の生活に支障をきたしてしまうこともあります。私が不眠気味になってしまう原因としていくつか自覚していることがあります。

 

それは、寝る直前までテレビを見たりパソコンやスマートフォンをしているということや、夜にコーヒーを飲むことや、物音に反応してすぐに目が覚めてしまうということです。

 

良質な睡眠をとるためには対策が必要だと思い、良く眠れる方法をいろいろと試してみました。まず、コーヒーは夕方18時以降は飲まないようにしました。その代わりにハーブティーを飲むようにしました。

 

そして、寝る前にテレビを見たりパソコンやスマートフォンをすることを控えました。寝るという意識を高めてリラックスできる環境を作ることを心がけました。さらに、夜中に目が覚めることを防ぐために耳栓とアイマスクを使用しました。

 

これが大正解で、一度も目が覚めることなく朝までしっかりと熟睡することができました。

 

耳栓をしているとアラームが聞こえにくいので音量を上げておく必要があります。これからも良質な睡眠をとるための工夫をしていきたいと思います。